初開催!ポルトガルフェア

初開催!ポルトガルフェア

※こちらの商品の販売は終了しました。

初開催ポルトガルフェア

ポルトガルは、日本にとって初めて出会った西洋の国です。大航海時代、1543年にポルトガル人が種子島に漂着し、日本へボタンやタバコ、天ぷらなど、ほかにも多くの文化が伝来。カステラや金平糖のルーツにもなっています。現在のポルトガルではどのようなお菓子や食文化が楽しまれているのか、ロイズスタッフが訪れて出会ったおいしいものをヒントに、素朴でどこか懐かしい、そしてロイズならではの新しいお菓子ができました。ヨーロッパ最西端の国・ポルトガルを、ロイズのお菓子で旅しませんか。

ロイズが出会ったポルトガル

あま~いお菓子が大好きなポルトガル人。

ポルトガルでは卵と砂糖がたっぷり手に入った修道院生まれのお菓子が多く、今でもカフェや菓子店には黄色いお菓子がびっしり!カステラのルーツとなったお菓子や、日本でも有名なパステル・デ・ナタ(エッグタルト)はやさしい甘さで、おいしくいただきました。

美食の国、ポルトガルの食卓もヒントに!

大西洋の海産物に恵まれているポルトガルでは、イワシやバカリャウ(干し鱈)といった魚介料理が豊富で、料理はどれも、素材のおいしさが生きた味わいでした。前菜に必ずといっていいほど出るオリーブやチーズもフェアのお菓子のヒントにしました。

印象的なモチーフのガロやアズレージョ

ポルトガルフェアのパッケージには、現地で見つけたモチーフを取り入れました。 建物を彩る陶器のタイル“アズレージョ”や、幸運のシンボルの雄鶏“ガロ”、そして北西部にあるミーニョ地方の「恋人たちのハンカチ」の刺繍デザインです。ぜひパッケージも含め、ポルトガルを散策し

ているような気分で今回のフェアをお楽しみください。

商品の写真をクリックすると商品ページにリンクします

初開催ポルトガルフェア

伝統菓子「パォン・デ・ロー」をロイズ流にアレンジ

日本のカステラのルーツに新しいおいしさをプラス

「パォン・デ・ロー」とは?

もともとは修道院で生まれたといわれ、キリスト教会へのお供え物や復活祭のシンボルとしてつくられ続けてきました。卵と砂糖を一緒に泡立て、小麦粉を加えて焼き上げられるこの伝統菓子「パォン・デ・ロー」はポルトガルの各地方によって形状・焼き方も多様で、中がとろりとした半生タイプや、完全に火を通したものなど、さまざまなレシピがあります!

パォン・デ・ロー
パォン・デ・ロー

パォン・デ・ロー

卵をたっぷり使ったパォン・デ・ローの生地に、砕いたくるみのチュイールクッキー、風味付けのポートワイン「フェレイラ・ホワイト・ポート」を加えて焼き上げたふんわり食感。底面にはなめらかなチョコレートを塗り、くるみの香ばしさが味わえるサクサクのチュイールクッキー生地をあわせました。

¥ 1,188(税込)

初開催ポルトガルフェア

2つのお酒で美しい町に想いを馳せて

ポルトガルのお酒「ポートワイン」と「ジンジーニャ」の故郷を訪ねて。
出会った名酒を2つのスイーツに。

世界遺産の街並みが広がるポルト
×ポートワイン

ドウロ川上流で栽培されたブドウを搾り樽に詰めて、河口の町へ運び熟成されるポートワイン。世界三大酒精強化ワインのひとつで、通常の醗酵の途中、まだ糖分が残っている状態でブランデーを加えることで醗酵を止め、ブドウの自然な甘みを残すという製法でつくられています。ポルトのワイナリーではこのポートワインが、天井に届きそうな程大きい樽や壁一面に並ぶ樽の中で、静かに熟成の時を待っていました。

城壁に囲まれた町オビドス×ジンジーニャ

美しい景観で「谷間の真珠」とも呼ばれるこの小さな町で有名なお酒が、チェリーを漬け込んだ果実酒・ジンジーニャ。アルコール度数は20%程と高めで、チェリーの濃厚な香りと強い甘さ、フルーティさが魅力です。オビドスでは、小さなチョコレートのカップに注ぎ売られています。ボンボンショコラを食べているようなおいしさで、なんとも贅沢な一杯でした。

プラリネショコラ[ジンジーニャ&ポートワイン]
プラリネショコラ[ジンジーニャ&ポートワイン]

プラリネショコラ
[ジンジーニャ&ポートワイン]

2つのお酒をガナッシュに合わせチョコレートに閉じ込めたひと口ショコラのセット。チェリーを漬け込んだお酒「ジンジーニャ」をサワーチェリーピューレと一緒に、ミルクチョコレートのガナッシュにブレンドした[ジンジーニャ]と、ポートワイン「フェレイラ・トニー・ポート」をミルクチョコレートガナッシュにブレンドした[ポートワイン]。

¥ 1,188(税込)

ジンジーニャチョコレートケーキ
ジンジーニャチョコレートケーキ

ジンジーニャチョコレートケーキ

チェリージャムを入れて焼き上げた濃厚なチョコレート生地に、すっきりとした甘さのチョコレートをコーティング。「ジンジーニャ」を生地にもジャムにもブレンドし、チェリーの風味を一層引き出しました。甘くさわやかにチェリーが香る、しっとり贅沢なプチケーキです。

¥ 1,026(税込)

初開催ポルトガルフェア

オリーブ・ナッツ・チーズ!気分はポルトガルの食卓♪

ポルトガルの食卓で出会った数々の美味しい食材にヒントを得て、スイーツに。

オリーブ

レストランで前菜にオリーブの塩漬けが出たり、味付けやサラダにオリーブオイルを使ったり。スーパーのオリーブの瓶詰とオリーブオイルのコーナーも種類豊富な品揃えで、ポルトガルの食卓には欠かせないもの。

チーズ

牧畜が盛んなため、山羊や羊などの様々なチーズがつくられています。ポルトガルらしい楽しみ方は、マルメロという果物のジャム「マルメラーダ」とチーズを一緒にパンに乗せて食べること。これが朝食の定番だそう。

ナッツ

ポルトガルのお菓子には、アーモンドやクルミなどのナッツがよく使われていました。パウダーを生地に混ぜたり、そのままトッピングしたり。

サラメショコラーテ・ド・オリーブ
サラメショコラーテ・ド・オリーブ

サラメショコラーテ・ド・オリーブ

チョコレートにれん乳とはちみつを入れ、ポルトガルの名酒、ポートワイン「フェレイラ・トニー・ポート」で香り付けしたやわらかな生地に、オリーブグラッセや、ローストしたピスタチオとアーモンド、マシュマロを混ぜ込んだ、にぎやかで華やかなサラミ型ショコラ。

¥ 1,026(税込)

板チョコレート[アーモンド&オリーブ]
板チョコレート[アーモンド&オリーブ]

板チョコレート
[アーモンド&オリーブ]

刻んだオリーブグラッセとポルトガル産アーモンドを散りばめました。ポルトガルの街並みのように、素朴でどこか懐かしい味わいの板チョコレート。

¥ 594(税込)

 オリーブとチーズのプチケーキ
オリーブとチーズのプチケーキ

オリーブとチーズのプチケーキ

クリームチーズとオリーブオイル、風味付けのポートワイン「フェレイラ・ホワイト・ポート」を練り込んだ生地に、刻んだオリーブグラッセを加えて蒸し焼きにしました。ふんわりしっとりした食感のプチケーキです。

¥ 864(税込)

ポルトガル限定商品
はこちら

ロイズオンラインショップTOPはこちら